ボクシングのステップとターンのやり方

スポンサードリンク

ボクシングのステップとターンのやり方

ボクシングで前後左右に動くステップ、ターンはとても大切です。
正しい構えをキープしたまま、体重移動させる必要があります。
詳しいやり方を解説します。

 

前後のステップのやり方
前後のステップの基本は、自分が行きたい方向の足が先に動き、その後逆の足が付いてくるようにします。
前に行きたければ、左足を先に前に、その後右足を前に運びます。
動き終わった後に構えはキープしておかなくてはいけません。

 

左右のステップのやり方
左右のステップも前後のステップと同じです。
右に行きたければ、右足を右に、その後左足を右に運びます。

 

スポンサードリンク

 

なお、右にステップする場合、「クイックステップ」というテクニックがあります。
基本は右足→左足、で右にステップするところですが、これを
①まず左足を左に運び、一瞬だけ重心を左に乗せる
②重心移動の反動を利用して、一気に右へステップする
とやります。
左足で右にジャンプするイメージです。
実際の試合でも使われる実践的なステップなので覚えておいてください。

 

ターンのやり方
ターンは相手を中心にして回るように動くテクニックです。
攻撃、防御両方に役立ちます。
イメージはコンパス。
左足がコンパスの針、右足がコンパスの鉛筆です。
左足のつま先を軸にして、右足で円を書く回すように移動します。

 

コツは前足のつま先をしっかり地面に押し付けること。
押しつけがしっかりしていないと、自分の重心が不安定になり、相手のパンチに対応できなくなります。
前足はたばこの火を消すイメージで「グリッ」っと踏みましょう。

 

スポンサードリンク


 
基本 トレーニング ストレートの打ち方 ジャブの打ち方 テクニック ガード