ボクシングのジャブの効果的な練習方法

ボクシングのジャブの効果的な練習方法

ジャブの打ち方を効果的に練習してテクニックを高める

実績を上げているボクサーの中に、ジャブがヘタという人はいません。
地味に見えるジャブですが、それだけボクシングの中では基本となり、かつ重要なテクニックと言えます。
そのため、ボクサーとしての上達を目指すのであれば、ジャブを効果的に練習するようにしましょう。
ジャブは単にパワーを付ければより良いパンチが打てるようになるという類のものではなく、レベルを上げるためにはひたすら練習あるのみですので、日ごろの練習メニューの中にジャブを含めるようにしましょう。
初心者から脱してある程度いろいろなタイプのボクシングができるようになってくると、大きなパンチの練習を重点的に行うようになりがちですが、ジャブの重要性が薄れることはありませんので、常に効果的な練習をすることは重要です。

 

スポンサードリンク

 

シャドウで自分の動きを意識しながら繰り返す

ボクシングの基本的な練習方法と言えるのがシャドウですが、ジャブの練習にもとても効果的です。
その際には、単に今まで覚えた動きをなぞるのではなく、細かな動きを意識しながら行うようにすることがポイントです。
一つは、足の動きです。
左でジャブを入れる場合には、軽く左足を出す動きをしますが、その際に左の膝を柔らかく使って重心をスムーズに移動できるようにすることを意識します。
膝のクッションがないと、ぎこちのない動きとなり、ジャブが相手に分かりやすくなってしまいますし、バランスが崩れやすくなって相手に反撃されやすくなるものです。
また、肘が伸びきった瞬間に軽く左足で蹴りを入れるようなイメージで足を動かすと、リズム感が出ると共に、うまく切り返しができるようになります。
とても細かくて素早い動きですので、シャドウをしながら注意を集中するようにしましょう。

 

もう一つは、肩から先の力の入れ加減と動きを意識することです。
ジャブは基本的に力を乗せて攻撃するためのものではないので、スピードを重視します。
いかに速く拳を出してまた戻せるかということが大事なポイントです。
そのためには、腕や肩に無駄な力を入れないようにしてください。拳を出すときには、肘を開くもしくは伸ばすというイメージでしなやかに動かします。
そして、パンチが相手に当たるところで拳を握るようにして力を入れて、戻していくという動作をします。
この一連の関節の動きと力の加減の仕方をしっかりと体で覚えると、非常にスピーディーなジャブが打てるようになります。
シャドウをしながら、肩から先の一つずつのパーツの動きと力加減を意識して練習を繰り返しましょう。

 

スポンサードリンク

 

変化のあるジャブをサンドバッグを使いながら練習する

ボクシングの練習でよく使うアイテムとして挙げられるのがサンドバッグですが、ジャブの練習にも使うことができますので、効果的にトレーニングに活用してみましょう。
サンドバッグを使ってジャブの練習をする際には、ジャブに変化を付けるということを目標にすると良いでしょう。
ジャブは牽制や相手の動きを止めるなどの働きをしますが、単調な打ち筋とパワーではあまり意味がありません。
同じように見えるジャブでも、ストレートのようにパワーと重心がこもったパンチを入れたり、異なる角度からパンチを出したりすると、相手は警戒心を強めますので、うかつに踏み込んでこられなくなります。
そのため、変化のあるジャブを使えるようになるというのは試合の主導権を握るためにとても重要な要素となるのです。

 

そのために役立つのがサンドバッグでの練習です。
というのも、サンドバッグを使った練習のメリットは、実際にパンチを打ちこむことができて、その力加減を体験できるということにあるからです。
同じジャブでも、手首の返し方や左足の入れ込み方、重心のかけ具体によってパワーの入り方が変わってきます。そのため、一つずつ実際に違いを見ながら試してみると良いでしょう。
左足をどのくらい入れると力がどのくらい入るか、スピードがそれによって鈍くならないかなどを見ながら、サンドバッグへ打ち込んでいきます。

 

また、パンチを出す角度を変える練習も、サンドバッグを使いながら練習してみることができます。
ここで重要なのが膝の屈伸です。
膝を沈めて下から打つこむようにすれば、相手は目線の下からパンチが来ますので、よけにくくなりパンチが当たる確率が高まるというメリットがあります。
さらに、肘の出し方を同時に変えることで、ボディーへのジャブも打てるようになります。
このように変化のあるジャブを打つことによって、相手はそのジャブを無視できなくなりますので、容易に近づけなくなります。
自分のペースで試合を運べるようになりますので、より楽にボクシングができるのです。ジャブという基本的なパンチのテクニックでも、その質を高めることでボクシングスタイルを変えることができますので、効果的な練習を繰り返してみましょう。

 

スポンサードリンク


 
基本 トレーニング ストレートの打ち方 ジャブの打ち方 テクニック ガード