ボクシングで重要な首を鍛える

スポンサードリンク

ボクシングで重要な首を鍛える

ボクシングでは、首を鍛えることも重要です。

 

 

顔にパンチを受けても耐える力、
そして相手にパンチをする際にも首の後ろの筋肉を利用しています。

 

 

おそらく、ボクシングのような特別なスポーツをしていない限りは、
これまでに鍛えたことが無い人がほとんどでしょう。

 

 

普通の筋力トレーニングに比べると、
首周りを鍛えるのは少し難しいです。

 

 

例えば、ブリッジで鍛える方法などは、ブリッジをした後、
手を話して頭とつま先で反ります。

 

スポンサードリンク

 

これは腹筋や背筋も同時に鍛えることになる反面、
これらの筋肉が十分についていないと、
この体制を取ること自体が難しいです。

 

 

最初から首周りを鍛えようとするのではなく、
体のいろいろな部分に筋肉を付けて
全体のバランスが取れるようになってからが良いでしょう。

 

 

また、最初から自分だけでチャレンジするのはリスクが伴います。
ボクシングジムなどで教えていただくようにしなければ、

 

 

首周りを痛めることになり、
その痛みが癖になってしまうこともあるので注意が必要です。

 

スポンサードリンク

 

前の記事 ヒンズースクワットで軽快なボクシングを
次の記事 ボクシングトレーニング|縄跳びでボクシングを強くする方法


 
基本 トレーニング ストレートの打ち方 ジャブの打ち方 テクニック ガード