ボクシングのジャブの正しい打ち方

スポンサードリンク

ボクシングのジャブの正しい打ち方

一番初めに覚えるボクシングのパンチ

ジャブはボクシングの基本中の基本であり、おそらくほとんどの人がボクシングを始めて一番初めに覚えるパンチだと言えます。
ジャブはその一撃で相手を倒すというものではなく、リズムを作ったり相手との距離を測る、相手が近づかないようにしたりする目的があります。
試合の流れを作るためにとても重要な役割を果たすテクニックですので、簡単なものだと思わずにきちんと練習して、正しいフォームで打てるようにしましょう。

 

下半身をしっかりと固めて安定性のあるポジションで打つ

ジャブだけに限らず、ボクシングでは下半身の安定性というのがとても大事です。
下半身が固まっていることで、威力のあるパンチを打つことができますし、次のパンチにつなげるためによりスムーズな動きができるようになります。

 

スポンサードリンク

 

そのため、ジャブを練習するにあたっては、まず下半身の構えをしっかりとするようにしましょう。
相手に対して斜めになるような感じで、左足を前にし右足を後ろに持っていきます。
その幅はだいたい肩の幅くらいで、直立するのではなく膝を軽く曲げて全体の動きを膝で吸収できる感じにします。かかとは若干上げ気味にして、重心を前に持っていくことで攻撃的なスタイルを保持できます。
この状態で腰と膝をひねるようにしてパンチを出すことで、いろいろなタイプのパンチを打てますので、この下半身の安定したポジションをしっかりと体に刻むようにしましょう。

 

そして、両方の肘をきちんと体の両脇に付けるようにして、脇を締めた状態を保ちます。初めてジャブをする人は、どうしても脇が開いてしまう傾向が見られますが、脇が開くとパンチが円を描くようになり無駄な動きが出てしまいます。
結果としてスピードが遅くなりますし、体重が十分に乗らなくなってしまうのでパワーも落ちてしまいます。
しっかりと脇を締めた形でパンチを出し戻すということを意識することが、正しいフォームを作るポイントです。

 

無駄な力を入れずリラックスして拳を出す

ジャブで重要な要素はリズムよくスピード感のある連続したパンチを出すことです。
そのため、できるだけ速く拳を出し、それを戻すという一連の動きを取れるようにすることが練習のカギとなります。
正しいフォームを採ることができているのであれば、今度は無駄な力を入れないようにするということを意識するのは大事です。
ジャブを打ち出すときから力を入れていると体が硬くなってスピードが落ちてしまいますので、腕や肩に無駄な力を入れずにリラックスするようにしましょう。
力を入れるのは拳が一番前に行った時くらいで、鞭のようにしなやかに腕を動かすのがジャブのポイントとなります。
こうすることでより速く手数の多いジャブを入れられるようになりますし、無駄な体力も消耗せずに済みます。

 

スポンサードリンク

 

防御の構えを保ったままでパンチを繰り出す

また、ジャブを出すときには攻撃のことだけを考えずに、ガードの構えを保ったままでいるということも大事なポイントです。
ジャブは決定的な攻撃方法ではなく序盤に使うものですので、相手も当然機を見ながら攻撃を仕掛けてきます。
そのため、攻撃と防御の両方の備えをしたままにするというのがボクシングの基本的な構えとなります。
ジャブは基本的に利き手の反対側の拳でするものですので、たいていの場合は左でジャブを入れます。
そのため、ジャブをしている時には、常に右手で顔面を覆って確実にガードをするようにします。
また、若干の前傾姿勢を保ち目線を下から見上げるような形にすることで、相手が打ち込みにくいポジションを取ります。
打ち込めるスペースがないと思わせるような守りをすることで、よりジャブの効果を上げることができるでしょう。

 

少しずつジャブにバリエーションを加えていく

ジャブは基本中の基本となるパンチですが、いつまでも単調な打ち方をしていると、そのリズムを読まれてしまって相手に付け込まれてしまうことになります。
そこで、基本のジャブをきっちりと覚えることができたら、少しずつ変化を付けられるようにバリエーションを増やしていくことが肝心です。
ジャブを数回打ったらフックを小刻みに入れてみたり、ジャブを出し始める角度を変えて相手をかく乱することができます。
また、ジャブを連続して打つ際の店舗に変化を付けてることで、相手のリズムを崩すこともできるようになります。
さらに、ジャブの打ち込む距離を微妙に変えて、リーチの長さを悟らせないようにしたり、変化を加えてジャブを当てる確率を高めたりできるようにもなります。

 

このように、ジャブはボクシングにおいて基本と言えるテクニックですが、しっかりとしたフォームを身に着けるためにはきちんとした練習が必要です。
こうして身に着けたテクニックは他のパンチにも生きてきますので、基本固めをしっかりとするようにしましょう。
実際の試合ではジャブからつながるパンチの構成はとても多く、効果的なものとなりますので、ジャブをマスターすることでより強いボクサーになれます。

 

スポンサードリンク

ボクシングのジャブの正しい打ち方記事一覧

ボクシングの基本、ジャブの定義とは

ボクシングの基本と言われるジャブですが、しっかり定義付けをしておきましょう。通常左手をまっすぐ伸ばすパンチがジャブを呼ばれます。これは左ストレートですね。では、「左ストレート=ジャブ」でしょうか。これは半分正解で半分間違っています。一般的には左ストレートをジャブと呼びますが、100%そうではありませ...

≫続きを読む

 

ボクシングの基本であるジャブの打ち方

ボクシングにおけるパンチの基本は、ジャブでしょう。ジャブはモーションが少ないので、少ないリスクで打つことができるパンチです。ストレートはモーションが大きいので外してしまうとすぐに反撃されてしまいます。ジャブは基本です。これが打てないと、他のパンチも打つことができません。誰もが最初に覚えるパンチであり...

≫続きを読む

 

ボクシングでジャブを当てる必要はない?

基本中の基本と言われるボクシングのジャブは、ジムに行ったら一番最初に教えてもらうパンチでしょう。左を制するものは、世界を制するとボクシング業界では言われており、いかにジャブが大切で難しいかを表しています。さて、ジャブでは相手を倒すのは難しいでしょう。強いパンチではなく相手に致命傷を与えるものではあり...

≫続きを読む

 

目指すは強さ?早さ?|ボクシングのジャブの打ち方

せっかくボクシングを始めるのであれば、強いパンチを打てるようになりたいと思うのが普通でしょう。強いパンチが打てれば、相手にダメージを与えることができますし、自分が強くなったことを実感することもできます。もちろん、強いパンチが打てる方が良いのですが、そればかりではボクシングの試合にはなりません。ジャブ...

≫続きを読む

 

ジャブを打つ時は重心のバランスを意識する|ボクシングのジャブの打ち方

相手にジャブを打ち込むことの重要なポイントの一つに、体のバランスがあります。ジャブを利用すると、ボクシングの試合を有利に作れるようになるだけでなく、他のパンチを当てやすくもなります。とても簡単なパンチのように見えて、しっかりと練習してパターンを増やしておかないと、危険を伴うパンチでもあるのです。特に...

≫続きを読む

 

ボクシングでノーモーションでジャブを打つためのコツと練習方法

相手にパンチを当てるためには、相手にパンチを出すと気づかれないことが一番です。「今から打つぞ」と思われている状態では、簡単にガードされるでしょうし、避けるのも難しくありません。しかし、強いパンチを打つためには、それなりの行動が必要であり、相手に油断をさせたタイミングなどを見計らうことになるのですが、...

≫続きを読む

 

ボクシングのジャブの打ち方|角度を変えると効果的

ボクシングパンチの基本となるジャブは、非常に奥が深く、ジャブの方法を変えるだけで闘うスタイルも変わってきます。ボクサーがこれまでに一番打ってきたパンチは間違いなくジャブでしょうが、その打ち方にもいろいろな工夫をしているものです。相手にとっては、ジャブがダメージを与えることはあまりありませんが、相手の...

≫続きを読む

 

ボクシングのジャブの効果的な練習方法

ジャブの打ち方を効果的に練習してテクニックを高める実績を上げているボクサーの中に、ジャブがヘタという人はいません。地味に見えるジャブですが、それだけボクシングの中では基本となり、かつ重要なテクニックと言えます。そのため、ボクサーとしての上達を目指すのであれば、ジャブを効果的に練習するようにしましょう...

≫続きを読む

 

ボクシングのジャブは足のステップが重要

大きく動かさないもののジャブにも足運びがとても重要ボクシングにおいて重要なテクニックと言えるものの一つがフットワークです。足運びの軽快さや動きによって、パンチのパワーも変わってきますし、スムーズにコンビネーションを出すこともできるようになります。建物の基礎部分と同じように、下半身を安定させるというの...

≫続きを読む

 

 
基本 トレーニング ストレートの打ち方 ジャブの打ち方 テクニック ガード