顎を引くボクシング|疲れた時こそが差が付くテクニック

スポンサードリンク

顎を引くボクシング|疲れた時こそが差が付くテクニック

一生懸命にスポーツをしていると、
疲れが出てきたサインを自分で気づかないことがあります。

 

 

マラソン選手は、疲れが出始めると口が開くようになり、
腕の振りが雑になったりします。

 

 

ボクシングでは、スタミナが切れると致命的になります。
足が動かなくなれば、
相手にとってチャンスになってしまいます。

 

 

とにかくスタミナが無いと、
何もできなくなると言っても過言ではありません。

 

スポンサードリンク

 

足を動かせ、それがボクシングの基本でもあると言えるでしょう。

 

 

そして、ボクシングでは疲れてくると顎が上がってきます。

 

 

タイトルマッチなどに出てくるプロボクサーは、
そうならないように練習を繰り返しています。

 

 

まだ経験が浅い時は、すぐに顎があがってしまい、
相手のパンチを受けやすくなるのです。

 

 

また、相手に疲れていることを悟られると、
動きでついていけないような戦いになってしまいます。

 

 

自分では気づかない事は、周りから教えてもらえばいいわけで、
ボクシングも一人では決して出来ないスポーツであることが分かります。

スポンサードリンク

前の記事 ボクシングでは早く拳を戻すことが重要
次の記事 イメージトレーニング大切なボクシング


 
基本 トレーニング ストレートの打ち方 ジャブの打ち方 テクニック ガード