グローブの選び方

スポンサードリンク

グローブの選び方

ボクシングの道具で最も代表的なものと言えば、グローブですね。
ボクシングのグローブには試合用と練習用とがあるのですが、試合用は試合の主催者が用意するものなので、個人が購入するものは練習用ということになります。

 

ボクシング用のグローブは「オンス」という単位で重さを表しています。
当然重いものほど数が大きいわけですが、通常試合では14オンスか16オンスのグローブが使用されます。
それで最終的には練習用のグローブも、それくらいの重さに慣れておくと良いでしょう。

 

スポンサードリンク

 

それ以下のグローブを利用すると軽いので疲れにくく、パンチのスピードやキレを身に付け、正しいフォームを習得するのに役立ちます。
それで最初のうちは12オンス程度の軽いもので練習すると良いですが、慣れてきたなら14オンス以上のものに切り替えましょう。
そうでないと試合用のグローブも重く感じてスタミナが切れてガードが下がったりパンチのキレがなくなったりする恐れがあります。

 

またグローブには紐で締めるタイプとマジックテープで締めるタイプのものがあります。
マジックテープの方が着脱が楽ですが、古くなってくると粘着性が弱まって締め付けが甘くなります。
これに関しては、どちらが良いかは好みの問題になります。

 

スポンサードリンク

 

前の記事 アイシングで拳のケア
次の記事 ボクシングに視力の弱さは致命的?


 
基本 トレーニング ストレートの打ち方 ジャブの打ち方 テクニック ガード