ボクシングのジャブは足のステップが重要

ボクシングのジャブは足のステップが重要

大きく動かさないもののジャブにも足運びがとても重要

ボクシングにおいて重要なテクニックと言えるものの一つがフットワークです。
足運びの軽快さや動きによって、パンチのパワーも変わってきますし、スムーズにコンビネーションを出すこともできるようになります。
建物の基礎部分と同じように、下半身を安定させるというのは、バランスの取れた動きをするために欠かせないものです。
ボクシングの練習では、フットワークのトレーニングを欠かさないようにしましょう。

 

このように、ボクシングテクニックの基本となる足運びですが、ジャブのレベルを向上させるためにも大切なものです。
足の位置や重心のかけ方、動かし方によってジャブの質がかなり変わってきますので、ジャブのレベルを上げたいのであれば、ステップを意識した練習をすることは役に立ちます。
ジャブは他のパンチと違って重心をかけたパワーのあるパンチではありませんので、ほとんど足を動かすことはありません。
しかし、そのちょっとした動きによってジャブのスピードやキレが変わってきますので、練習して足の動きを改善する価値があります。

 

スポンサードリンク

 

変化のあるジャブを打つには下半身の動きが肝心

ジャブは基本的に、肘の開閉運動によって素早く拳を出すことで動作が終了しますので、下半身の動きというのはあまり見られません。
しかし、変化のあるジャブを打ちたいと思ったら、下半身に動きを付けることが重要になってきます。
ジャブは相手の動きを止めるために役立ちますが、単調な打ち筋だと大した効果が上がりません。
そこで、普通のジャブに加えてストレートに近いような力のこもったパンチを放ったり、低めのパンチを入れるなどの角度の違いを加えたりすることによって、変化を付けることができます。
単調なジャブと違って変化があると、相手はうかつに踏み込んでこられなくなりますので、相手に主導権を与えずに済みます。
そのために必要なのが、下半身の動きなのです。

 

簡単な方法としては、いつものジャブを入れるよりも膝を折って体勢を低くすることができます。
全体の重心が下がり、パンチの出る場所も低くなりますので、違った角度からジャブを放てるようになるでしょう。
さらにその体勢を低くすると、ボディーブローのようにジャブを入れられるようになります。
上下の差が出るとジャブもより警戒心を与えるものとなりますので、より効果的なパンチとなります。ステップの動きを学ぶにあたって、まずはこの膝の吸収力を生かした変化の付け方を覚えるようにしましょう。
膝が柔らかく動くようになると、ステップもやりやくなります。

 

スポンサードリンク

 

前後の踏み込みを変えて強いパンチを打つ

今度は足を前後に動かすという動きの練習をしてみましょう。
ジャブはそれほど体重を乗せずに打って、スピードを重視するものですが、変化を付けるという意味合いでも重心を移しながら打つとより効果的になります。
特に、打ち込みの際に、もう少しだけ左足を踏み込むようにすると、体重が乗ってパワーが加わります。
一見すると同じ軽めのジャブに見えますが、体重が乗っている分ダメージが強く、思わぬダメージを与えられることになります。
また、引く際には普段より多めに足を引くことによって、距離感に変化をもたらすことができます。
相手は距離を上手に詰められなくなりますので、思うような攻撃ができなくなり、主導権をこちがら握るのに役立つのです。

 

リズムを作るためにもステップは大事

ジャブはリズム感がとても大事なパンチです。
素早く連続したパンチを打つためには、リズムに乗ってテンポよく拳を出し入れすることが重要となります。
そのために必要なのがテンポの良いステップです。
フットワークがボクシングのリズムを作り出すともいうことができて、小刻みで素早いステップを踏むことによって、テンポの良いジョブも打てるようになります。
ステップのタイミングがそのままジョブのスピードに関係してきますので、パワーと共にスピードにも重要な要素となるのです。

 

このように、ステップはボクシングの様々なテクニックのベースとなる技術ですが、ジャブにも大きな影響を与えます。
それで、シャドウなどでの練習でも、ステップを確認しながら素早くジャブを打てるようにすることがポイントです
。単に肘の開閉だけでジャブを完結させようとするのではなく、足の運びにも注意を払って、より効果的なジャブを打てるようにしましょう。
体全体が連動したパンチが打てるようになると、よりスムーズでパワーのあるパンチとなりますので、ボクサーとしてのポテンシャルを上げるのに大きく役立ちます。
最初のうちは、ジャブと足運びの連動がうまくできないこともありますが、繰り返し自分の足の動きを意識しながら反復練習することによって、徐々にそのレベルを上げられるようになります。
試合などをするとそのレベルアップの実感が分かりますので、頑張った価値があると思えるでしょう。

 

スポンサードリンク


 
基本 トレーニング ストレートの打ち方 ジャブの打ち方 テクニック ガード