ボクシングにおける拳の握り方

スポンサードリンク

ボクシングにおける拳の握り方

ただの殴り合いをするだけがボクシングではなく、
基本的なことをしっかりと学んでおかなければ、
スポーツとして成り立ちません。

 

 

その基本中の基本と言えるのが、拳の握り方です。

 

 

これまでに人と殴ったことがある人、
または殴ったことがない人であっても、
ファイティングポーズを作ることが出来るでしょう。

 

スポンサードリンク

 

手を丸めて、じゃんけんのグーの姿勢をしてみると、
普通に誰でも出来る握り方になるはずです。

 

 

ボクシングの拳の握り方を間違えてしまうと、手首を痛めたり、
突き指をしたりと、怪我をしてしまうこともあります。

 

 

基本だからこそ、自然に握りが出来ない人は、
癖になるくらい意識するようにしましょう。

 

 

よくある間違いは、親指を手のひらの中に入れてしまったり、
第二関節の上にのせてしまうことです。

 

 

こうすると、手を傷めてしまいます。

 

 

人差し指から小指までの第二関節が前を向くようにして、
親指は第一関節上にのるように握りましょう。

 

 

ボクシングの基本的なことだからこそ、
大事な事として頭の入れておくことが大切です。

スポンサードリンク

前の記事 攻撃だけじゃなく防御も大切なボクシング
次の記事 ボクシングのファイティングポーズ

ボクシングにおける拳の握り方関連ページ

ワンツー
コンビネーション

 
基本 トレーニング ストレートの打ち方 ジャブの打ち方 テクニック ガード