ヒンズースクワットで軽快なボクシングを

スポンサードリンク

ヒンズースクワットで軽快なボクシングを

ドタドタと重い体を動かしていては、
ボクシングで相手に勝つことはできません。

 

 

いくらパワーがあっても、
フットワークが重くては意味がないのです。

 

フットワークを軽くするためには、
ヒンズースクワットを繰り返すのが一番です。

 

 

ヒンズースクワットで鍛えられる筋肉は、
第一にふくらはぎです。

 

 

ふくらはぎにバランスの取れた筋肉が付いていると、
フットワークが軽くなり、
相手のパンチをかわすことができるだけでなく、
相手にパンチを打ち込む時の踏み込みが強くなります。

 

スポンサードリンク

 

相手の懐にも入りやすくなりますから、
試合を有利に進めることが出来るのです。

 

 

足を動かし続けるのは、ボクシングの基本とされています。
力だけで勝っているように見えるボクサーも、
ヒンズースクワットで鍛えた筋肉で
より強いパンチが打てるようになっているのです。

 

 

ヒンズースクワットでは、
膝の周りの筋肉やおしりの筋肉も鍛えさせてくれます。

 

 

ボクシングで相手からのパンチを避けるだけではなく、
相手に対する攻撃力も向上させるトレーニングになります。

 

スポンサードリンク

 

前の記事 目的を明確にしたボクシングの練習
次の記事 ボクシングで重要な首を鍛える


 
基本 トレーニング ストレートの打ち方 ジャブの打ち方 テクニック ガード