正しいストレッチのやり方

スポンサードリンク

正しいストレッチのやり方

スポーツの前後に行うストレッチは、特にボクシングのようなハードな動きをするスポーツには欠かせません。
ストレッチは「柔軟体操」とも呼ばれるように、関節可動域を広げるために行うもので、
これによって筋肉の伸縮性か増し、体の固さも取れるのでボクシング技術がアップすると共に、怪我もしにくくなります。
また運動後に行うことで筋肉痛を予防し疲労物質である乳酸を分解するので、速やかな体の回復にも役立ちます。

 

しかしストレッチには注意点もあります。
運動前に強い反動をつけてストレッチをすると、逆に筋肉が固くなります。

 

スポンサードリンク

 

これは人体に備わっている「伸張反射」というもののためで、急に筋を強く引き伸ばすと体が危険信号を発し、
それ以上伸ばされないように自動的に制御してしまうのです。

 

それでボクシング前に行う効果的なストレッチ法とは、まずウォームアップとして軽くジョギングして血液の循環を良くした後、
15秒以内で反動をつけずに行う必要があります。
またストレッチは入浴後に軽くやっておくと疲れを取るのにも効果的です。

 

スポンサードリンク

 

前の記事 質の良い睡眠が不可欠 


 
基本 トレーニング ストレートの打ち方 ジャブの打ち方 テクニック ガード