目と視力が大切なボクシング

スポンサードリンク

目と視力が大切なボクシング

目を大切にしましょう、
なんてのはボクシングだからというわけでもありませんが、
ボクシングにとっては目が命とも言えるほど重要な役割を持っています。

 

相手のパンチを避けるためにも、相手の動きを見極めるためにも、
動体視力は必須で、見た目には分からないボクシングの強さを表しています。

 

 

目を鍛えるというのは、想像できないかもしれませんが、
動体視力は練習を繰り返すことで向上していきます。

 

スポンサードリンク

 

特別な訓練もあるのですが、ボクシングの場合は、
普段の練習を繰り返していくことで、
動体視力は向上していきます。

 

 

練習を繰り返すことで体に馴染んでくる動きと同じように、
目も慣れてくるようになります。

 

 

また、相手のパンチは顔に受けやすいため、
目を悪くして選手生命を終えてしまった人もたくさんいますよね。

 

 

プロのボクシングでは、ヘッドギアをつけませんから、
目に直接パンチが当たることになります。

 

 

試合が終わったら、体のケアと同じように、
目のケアも忘れないようにしなければいけません。

スポンサードリンク

前の記事 ボクシングトレーニング|シャドウボクシングでスタイルを確立する
次の記事 視力を武器にするボクシング


 
基本 トレーニング ストレートの打ち方 ジャブの打ち方 テクニック ガード