ボクシング防御テクニック|スリッピングでパンチを無効化する

スポンサードリンク

ボクシング防御テクニック|スリッピングでパンチを無効化する

ボクシングでは、
相手のパンチを受けることだけが防御ではなく、
避けることも防御の一つです。

 

 

いくらガードしているからといって、
ブロッキングなどでは相手のパンチを受けていることには変わりません。
致命的なダメージを受けないようにしているだけですから。

 

ブロッキングがボクシング防御の基礎だとしても、
相手にパンチを受けることなく、
避けてみたいと誰もが思うものです。

 

スポンサードリンク

 

そこで、スリッピングがあります。
上半身を使って相手のパンチを避ける動作で、
動体視力がある人などは、
相手のパンチを受けることなく試合を進めることが出来るようになります。

 

 

ただ、100%相手のパンチを
避けることができるとは思わないようにしましょう。

 

 

常にガードをしたまま避けるような動作を心がけます。
そうしておかなければ、
ガードをせずに避けているときにパンチを受けると、
一発で倒れてしまうこともあります。

 

 

ボクシングの上級者を見ていると、スリッピングをいかに効率的に利用し、
次の攻撃に移っているかを確認することが出来ます。

スポンサードリンク

前の記事 ボクシング防御テクニック|バリアリングができるかどうかで勝敗が分かれる?
次の記事 ボクシング防御テクニック|頭を動かすだけで立派な防御?


 
基本 トレーニング ストレートの打ち方 ジャブの打ち方 テクニック ガード