ボクシング初心者に必要な筋肉とトレーニング

スポンサードリンク

ボクシング初心者のトレーニングについて

ボクシング初心者のトレーニングについてご紹介します。

ボクシング初心者に必要な筋肉とトレーニング記事一覧

ボクシングに一番必要な筋肉とは

ボクシングに必要な筋肉とは何でしょうか。強いボクサーに求められるのは、重いものも持ち上げることが出来る筋肉でしょうか。それともマラソンランナーのような持久力を保つ筋肉でしょうか。残念ながら、どちら片一方だけでは強いボクサーとは言えません。ボクシングには、ボクシング用の筋肉の作り方が重要です。強いボク...

≫続きを読む

 

腹筋こそがボクシングの基本です

筋トレと聞くと、腹筋を思い浮かべる人も多いでしょう。ボクシングにとって、腹筋を鍛えることは基本中の基本となっています。お腹にパンチを受けても耐えることができるだけではなく、体の筋肉バランスを保っており、繰り出すパンチにも力を乗せることが出来るようになります。また、腹筋は私生活でも鍛えておいて損はあり...

≫続きを読む

 

ボクシングで腹筋が役に立つ理由

ボクサーには欠かせない筋肉の一つ腹筋ボクサーは強く速いパンチを打つため、そして防御をするために鋼のような筋肉が必要となります。もちろん、ボクサーとしてのトレーニングを普通にしていれば、体脂肪が減っていきますので筋肉が自然と目立つようになりますが、とりわけ腹筋はボクサーの象徴的な筋肉と言えるでしょう。...

≫続きを読む

 

ボクシングの腹筋の鍛え方でとても大切なポイントとは

筋肉トレーニングはただそれを繰り返して実践すれば良いというわけではありません。自分が今どこを鍛えているのかをしっかりと把握した上で、その部位に意識を集中させなければ効果も半減してしまいます。例えば、ボクシングでは腹筋が非常に重要ですが、ただ何も考えずに腹筋運動を繰り返せば良いというものではありません...

≫続きを読む

 

目的を明確にしたボクシングの練習

誰でもボクシングジムに通うことができ、誰でもボクシングの練習をすることが出来るようになったからこそ、そこに目的や目標を明確にしておかなければならなくなりました。つまり、本気でボクサーになりたくて、夢は世界チャンピオンだという青年と、体を引き締めたいとか、運動不足を補うためであるとか、ダイエットを目的...

≫続きを読む

 

ヒンズースクワットで軽快なボクシングを

ドタドタと重い体を動かしていては、ボクシングで相手に勝つことはできません。いくらパワーがあっても、フットワークが重くては意味がないのです。フットワークを軽くするためには、ヒンズースクワットを繰り返すのが一番です。ヒンズースクワットで鍛えられる筋肉は、第一にふくらはぎです。ふくらはぎにバランスの取れた...

≫続きを読む

 

ボクシングで重要な首を鍛える

ボクシングでは、首を鍛えることも重要です。顔にパンチを受けても耐える力、そして相手にパンチをする際にも首の後ろの筋肉を利用しています。おそらく、ボクシングのような特別なスポーツをしていない限りは、これまでに鍛えたことが無い人がほとんどでしょう。普通の筋力トレーニングに比べると、首周りを鍛えるのは少し...

≫続きを読む

 

縄跳びボクシングトレーニングのやり方と、縄跳びを使う理由

ボクサーが行うトレーニング方法の中でもメジャーな方法ストイックなトレーニングが求められるボクサーは、たくさんのトレーニング方法を組み合わせて体を鍛えています。そのうちの一つとして、とてもメジャーなのが縄跳びです。縄跳びをトレーニング方法に取り入れないボクサーは少ないと言えるほど、とても一般的な効果的...

≫続きを読む

 

パンチングボールが意外と難しい|ボクシングトレーニング

実際にやってみると、全然うまくできないボクシングの練習がパンチングボールです。ボクシングの練習シーンを思い浮かべると、どのようなものか想像できるのではないでしょうか。上からボールみたいなものがぶらさがっていて、それを小さく叩き続けるという練習になります。パンチングボールには、上からぶらさがっているも...

≫続きを読む

 

一人でボクシングのパンチ練習をする|ボクシングトレーニング

ボクシングのパンチの練習において、一人で練習する時間も大切です。せっかく覚えたパンチやコンビネーションを忘れないうちに自分のものにするためには、ひたすら一人でも練習を続けるしかありません。ボクシングの試合では、不思議なもので練習したことがそのままリングの上に出てきます。練習で一度もしたことが無いこと...

≫続きを読む

 

ボクシングトレーニング|逆立ちで練習

小さい頃から逆立ちをして遊んでいたことでしょう。しかし、大人になってから逆立ちする機会もありませんし、久しぶりにやってみるとまったく出来なくなっていたりするものです。ボクシングにおける逆立ちの練習は、これまでの筋力バランスなどを確かめる意味でもとても大切な意味を持っています。スポンサードリンク逆立ち...

≫続きを読む

 

ボクシングトレーニング|シャドウボクシングでスタイルを確立する

簡単そうに見えて、とても難しい練習がシャドウボクシングです。ジムの中には大きな鏡があり、その前でこれまでに習った基本姿勢やパンチの角度、軌道などの確認をします。プロボクサーのシャドウボクシングは、ついつい見とれてしまうものです。まるで、目の前に敵がいるかのように見えてきますし、華麗なステップなどを見...

≫続きを読む

 

目と視力が大切なボクシング

目を大切にしましょう、なんてのはボクシングだからというわけでもありませんが、ボクシングにとっては目が命とも言えるほど重要な役割を持っています。相手のパンチを避けるためにも、相手の動きを見極めるためにも、動体視力は必須で、見た目には分からないボクシングの強さを表しています。目を鍛えるというのは、想像で...

≫続きを読む

 

視力を武器にするボクシング

筋肉や脚力だけが、ボクシングの武器ではありません。非常に重要なのは、視力です。ボクシングでは、目の強さがとても大切で、そもそも目が悪いと試合にもなりませんし、そもそも参加することができません。ダイエット目的などであれば、目が悪くても問題ありませんが、プロを目指している人にとっては、視力がとても大切に...

≫続きを読む

 

ボクシングでは背筋もかなり重要

ボクシングにおける筋肉として、一番に想像するのは腹筋でしょう。強いボクサーは、腹筋がムキムキに割れていて、どんなパンチも固い腹筋で守られているようなイメージがあります。しかし、腹筋と同じように重要なのが背筋です。背筋力がつくと、パンチにより重みが増します。パンチは手の力だけで打つのではなく、しっかり...

≫続きを読む

 

足を止めないのがボクシングの基本

常に足を動かしておかなければならないボクシングでは、体の筋肉を鍛えるだけではなく、体全体の筋肉とそのバランスも鍛えていかなければなりません。ボクシングにはスタミナも非常に重要で、すぐにバテてしまう人は、足がすぐ止まってしまいます。足を動かしておかなければならないのは、相手に的を絞らせないことも一つの...

≫続きを読む

 

ボクシングは柔軟性が大切な理由|柔軟性の鍛え方

しなやなかで柔らかい体はボクサーには必須ボクシングに限らず、格闘技やスポーツをする人にとっては、十分な筋肉があるというだけでなく、体が柔らかいというのはとても重要なことです。体に柔軟性があるということは、体の可動域が広いということを意味していますので、より大きな動きができるようになります。ボクシング...

≫続きを読む

 

ボクシングにおけるかかとの大切さ|かかとの使い方

ボクシングでは踵の動きは無視できないフットワークは、ボクシングにとっても非常に重要な要素の一つです。ヘビー級の人でもフットワークが軽くなければ、勝つことも出来ませんし、そもそも強いパンチを打つことも出来ません。フットワークに重要なのは、かかとをあげるということです。ボクシングの基本姿勢では、足を肩幅...

≫続きを読む

 

ボクシングでは早く拳を戻すことが重要

拳を戻すことにも意識を向けようボクシングでは、パンチのスピードが早ければ早いほど、相手に当てやすくなります。自分が打たれる立場になった場合、よけにくいパンチは早いパンチであることが分かるでしょう。大袈裟に言えば、目で追うことが出来ないパンチは、避けることが出来ません。ボクシングで、相手に当てるパンチ...

≫続きを読む

 

顎を引くボクシング|疲れた時こそが差が付くテクニック

一生懸命にスポーツをしていると、疲れが出てきたサインを自分で気づかないことがあります。マラソン選手は、疲れが出始めると口が開くようになり、腕の振りが雑になったりします。ボクシングでは、スタミナが切れると致命的になります。足が動かなくなれば、相手にとってチャンスになってしまいます。とにかくスタミナが無...

≫続きを読む

 

イメージトレーニング大切なボクシング

イメージするという行為はとても大切で、いろいろなスポーツ選手が大会前などには、頭の中で当日のストーリーを構築するものです。また、本番をイメージしながら練習することで、何倍もの効果を出すだけでなく、本番での緊張をやわらげたり、練習の成果を発揮するために役立ちます。ボクシングについてもイメージングは非常...

≫続きを読む

 

ボクシング初心者がこれだけはやっとけって筋トレとは

ボクシング初心者がこれだけはやっとけって筋トレとはなんでしょう?よくボクシングには全体的な筋トレが必要と言われます。確かに腕立て伏せだけをすればパンチ力が上がる訳でもありませんし、腹筋だけ鍛えていれば防御力が上がるわけではありません。無駄に筋肉を付けすぎると体のバランスがおかしくなり、スタミナがなく...

≫続きを読む

 

ボクシングにおける効果的なフットワークトレーニング方法

■フットワークの重要性ボクシング選手のあの独特な足さばき、足運びをフットワークといいます。あのリズミカルな動きにも重要な意味があります。相手との距離を調節し、自分のパンチが届く距離に素早く移動したり、反対に相手のパンチが届かない距離に素早く移動するためにフットワークを用いるのです。その他にも、攻撃の...

≫続きを読む

 

ボクシング初心者のための基礎を大事にする練習メニューをご紹介

初心者がボクシングを始めたいならジムやボクシング部に入り指導を受ける必要がありますが、予備知識としてボクシングの基礎となる練習メニューをご紹介します。ボクシングの基礎練習メニューは、大きく分けてロードワークとジムワーク。ロードワークとはランニング、つまり走ることで、ジムワークとはボクシングジムで行う...

≫続きを読む

 

ボクシングのロードワークと減量メニュー|ピリオダイゼーションの例

ボクサーの練習法には、主にロードワークとジムワークが中心となりますが、それは平時のトレーニングスタイルで、いざ試合が組まれた時は、試合対策の練習メニューを作る必要があります。この試合用トレーニングは2~3ヵ月間をかけて行われるもので、期間を区切ってメニュー内容を変えていくのが一般的です。この期分けを...

≫続きを読む

 

ボクシングのミットの持ち方と効果的な受け方

ミット打ちが実戦でのヒットポイントと距離感が異なるという意見によって、あまり重要視されなかった時代があります。しかし現在では、その解釈が不適切だと分かり、今やジムワークの主軸として利用されています。ここではミット打ちによるトレーニング術を詳しく説明していきましょう。ミットの持ち方ミット打ちを始める時...

≫続きを読む

 

サンドバッグを使った応用的な練習メニュー

サンドバッグ打ちは、ボクサーの基本練習と言えるでしょう。どのジムでも基本的な打ち方をみっちりと教えていますから、ここでは応用的なサンドバッグ打ちについて説明します。負荷をかけてバランスを崩させながらのサンドバック打ちサンドバッグ打ちでは選手が一人で黙々とパンチ練習をしますが、この際にパートナーを一人...

≫続きを読む

 

メディシンボールを使ったボクシングトレーニング

ボクシング以外の練習でもお馴染みのメディシンボールを利用して、ボクシング特有の動作や体造りに役立つトレーニングができます。その方法を紹介しましょう。メディシンボールを床に投げる練習メディシンボールには重さに種類がありますので、まず適度な重さのボールを選びます。それを両手で持って天井に掲げ、そこから床...

≫続きを読む

 

ボクシングでの全身持久力のトレーニング方法

スタミナ(持久力)を正確に言いますと、一つは筋肉の持久力(筋持久力)で、長時間働ける粘りのある筋肉造りが必要です。そしてもうひとつが心肺機能の持久力(全身持久力)で、激しい運動を長時間継続しても、効率よく呼吸ができる心肺を鍛えます。この心配を鍛えるトレーニング法を詳しく見てみましょう。毎日繰り返すロ...

≫続きを読む

 

ボクシング腹筋・瞬発力・ヒッティングマッスルを鍛えるトレーニング

基本のトレーニング方法に、一つ・二つの補助を加える事で、更に効果の幅が広がっていきます。練習法への工夫は継続的に行っていきましょう。腹筋・背筋でちょっと背中を丸めてみる!体一つでどこでもできるのが腹筋と背筋です。ですが、ちょっと意識を集中させるポイントを変えることで、同じ筋肉に掛かる負荷の度合いに変...

≫続きを読む

 

 
基本 トレーニング ストレートの打ち方 ジャブの打ち方 テクニック ガード