上手くいったパンチの感覚を覚えておく|ボクシングの右ストレートの打ち方

スポンサードリンク

上手くいったパンチの感覚を覚えておく|ボクシングの右ストレートの打ち方

ボクシングで相手を倒すには、強いパンチを打つことが大切です。
相手にダメージを与えることなく、逃げ回っていては勝つことが出来ません。

 

右ストレートは強く打つことを意識しましょう。
ジャブでは、早さを追求してきましたが、右ストレートでは強さを追求します。
基本姿勢から体のひねりを利用して、まっすぐに拳を突き出します。

 

 

どれだけ力が弱い選手であっても、拳を突き出すタイミングと、体の回転がピッタリとあえば、相手をKOさせるパンチを打つことができます。
ボクシングが力だけのスポーツではなく、タイミングとテクニックが大切であることが非常によくわかります。

 

 

ボクシングの練習でサンドバッグを打っていると、強くストレートが打てた時と打てなかった時を感じるはずです。
強く打てた時には、体のひねり、足のステップ、拳の角度などが全て綺麗に揃った時だと言えます。
強くストレートが打てた時の感覚を忘れないようにして、体に染み込ませることが強くなる第一歩になります。

 

スポンサードリンク

上手くいったパンチの感覚を覚えておく|ボクシングの右ストレートの打ち方関連ページ

左ストレートのコツと基本的な打ち方
右ストレートのコツと基本的な打ち方
強いストレートを打てるようになるための練習方法

 
基本 トレーニング ストレートの打ち方 ジャブの打ち方 テクニック ガード