ボクシングでジャブを当てる必要はない?

スポンサードリンク

ボクシングでジャブを当てる必要はない?

基本中の基本と言われるボクシングのジャブは、
ジムに行ったら一番最初に教えてもらうパンチでしょう。

 

 

左を制するものは、世界を制するとボクシング業界では言われており、
いかにジャブが大切で難しいかを表しています。

 

 

さて、ジャブでは相手を倒すのは難しいでしょう。
強いパンチではなく相手に致命傷を与えるものではありません。

 

スポンサードリンク

 

他のパンチとの組み合わせによって、
ジャブが強い意味を持つようになるのです。

 

 

ジャブはフェイントにもなりますが、
基本的には相手に当てるようにしなければなりません。

 

 

相手がガードしていても構いませんし、
顔に当てることが出来ればなお良いでしょう。

 

 

相手に当たらないと、ジャブの戻りが遅くなってしまうのです。
ボクシングにはテンポが非常に重要で、
戻りが少し遅くなるとスキが出来てしまいます。

 

 

基本的にパンチを出しているときにはガードが甘くなるときであり、
相手に当たらないジャブの後には、危険が待っていることを忘れてはいけません。

 

スポンサードリンク

前の記事 ボクシングの基本であるジャブの打ち方
次の記事 ボクシングのジャブの打ち方|目指すは強いジャブ?早いジャブ?


 
基本 トレーニング ストレートの打ち方 ジャブの打ち方 テクニック ガード