ボクシングテクニック|バリアリングができるかどうかで勝敗が分かれる?

スポンサードリンク

ボクシング防御テクニック|バリアリングができるかどうかで勝敗が分かれる?

相手にパンチを当てるだけがボクシングではなく、
相手のパンチを防ぐことも非常に重要になります。

 

 

攻撃だけを身につけても試合に勝つことはできず、
しっかりとした防御ができるようになってこそ、
相手にとっても脅威に思われるのです。

 

ボクシングの防御についてもいろいろなパターンがありますが、
単純にガードするだけではなく、
相手のパンチを叩き落す防御方法をパアリングと言います。

 

スポンサードリンク

 

相手が左でパンチを打ってきた場合、
右の手のひらでたたき落とすような形にします。

 

 

逆に、右でパンチを打ってきた場合は、
左手で叩き落すようにします。

 

 

パンチをパンチで受けるのではなく、こちらは手のひらを開いて、
インパクトの瞬間に下にずらすようにするのです。

 

 

一般的なガードに比べると少し難易度は高くなりますが、
パアリングが成功すると相手に隙ができやすくなります。

 

 

パンチを下に受け流した後、
その手の顔の部分はノーブロックになっているはずです。

 

 

パアリングの後、すぐにボクシングの基本姿勢に戻って、
次の攻撃にいかに早く展開できるかが重要です。

スポンサードリンク

前の記事 ボクシング防御テクニック|バリアリングができるかどうかで勝敗が分かれる?
次の記事 ボクシング防御テクニック|スリッピングでパンチを無効化する


 
基本 トレーニング ストレートの打ち方 ジャブの打ち方 テクニック ガード