ボクシング初心者が優先的に覚えるべきテクニックとは

スポンサードリンク

ボクシング初心者が優先的に覚えるべきテクニックとは

美しいフォームを身に着けるように徹底的なチェックを行う

ボクシングの上達にはいろいろな要素が関係しています。
パンチやディフェンスそれぞれの動きを反復して、無意識にできるようになること、持久力を付けること、全身の筋力を上げてパワーのある動きができるようになること等です。
そして、初心者がまず徹底して行うべきこととして挙げられるのが、美しいフォームを最初のうちから身に着けるということでしょう。
美しいフォームとは、無駄のない動きのことを指していて、的確な無駄がそぎ落とされたフォームは見ていてほれぼれするものです。
しかし、ボクシングの動きに慣れていない初心者は、自分のイメージだけで動いてしまうと、どうしても無駄な動きが多くなってしまい、きれいなフォームが取れません。

 

スポンサードリンク

 

そして、そのあまり良くないフォームが身についてしまうとなかなか改善するのが難しくなってしまいますので、初めのうちからきれいなフォームを習得できるようにする必要があるのです。

 

美しいフォームは無駄がないため、よりスピードの速い動きができるようになります。
より速く手数の多いパンチを出すのに役立ちますし、相手の動きに瞬時に反応して効果的なディフェンスを取ることができるようになります。
体重がストレートに拳に伝わるようになりますので、より威力のあるパンチが打てるようになるというのも大きなメリットです。さらに、余計な動きをしなくても必要なアクションをこなせるようになりますので、体力を無駄に使うこともなくなり持久力が付くというのも大きなポイントです。
ボクシングのすべてのテクニックに貢献することですので、美しいフォームを身に着けるということに集中して取り組むようにしましょう。

 

フットワークを反復して覚える

初心者が覚えたい具体的なテクニックとしては、フットワークが挙げられます。
下半身が安定して動くようになると、パンチを入れるにしてもガードを固めるにしても、ぶれのないスムーズな動きができるようになります。
そのため、ステップの入れ方から覚えるようにしましょう。
最初は使わない筋肉をフットワークで使いますし、細かな動きを素早く行いますので、かなり体力を消耗します。すぐに足が痛くなったりばてたりするかもしれませんが、地道な反復練習こそがフットワークを体に染み込ませるために必要なことですので、集中してトレーニングに取り組むようにしましょう。
そして、ステップを刻んでいくうちに、自然とリズム感を鍛えることができます。ボクシングにおいてはリズム感というのはとても大事で、自分なりのリズムで足を運んだりパンチを打ったりすることで、スムーズな流れの動きができるようになります。
フットワークの練習をしていくにつれて、こうしたリズム感の訓練もできるようになりますので、ボクサーとしての上達を速めることになります。

スポンサードリンク

 

ジャブからのワンツーを基本として覚えていく

ある程度下半身の動きができるようになってきたら、今度はパンチを覚えていきましょう。
フットワークにいろいろなタイプがあるように、パンチにもたくさんの種類がありますので、それぞれの動きをしっかりと体で覚える必要があります。
その中でも、すべてのパンチの基本となるのはジャブとワンツーですので、この基礎的なパンチを上手に打てるようにしましょう。
どちらも相手を倒すほどの威力の高いものではなく、基本的なテクニックと言えますが、試合を作り上げるためにどうしても欠かせないテクニックですので、しっかりと覚えることが上達の近道となります。

 

また、ジャブとワンツーは試合運びの始まりとなるもので、こうしたパンチから連続して出されるパンチによって相手にダメージを与えることができます。
これらの基本的なパンチがないと試合が進んでいかないとも言えますので、初心者のうちに覚えておくことで、続いて覚えるフックやアッパーなどのパンチを上手に生かせるようになります。
また、ジャブからのコンビネーションなどもスムーズに行えるようになって、単発でパンチを繰り出すのではなく、まとまった動きの中で様々なパンチを組み合わせるというボクシングらしい動きができるようになっていくのです。

 

このように、ボクシング初心者が覚えるべきテクニックとは、最初のうちはどちらかというと地味なものばかりです。
しかし、最初のうちはボクシングの動きが体になじんでいないので、それぞれのテクニックを習得するには繰り返しの反復練習が欠かせません。
退屈に思えるトレーニングを重ねることになりますが、こうした基礎的なテクニックが積みあがってこそ強いボクサーに成長する基礎となりますので、おろそかにすることなく一生懸命練習するようにしましょう。
こうした基礎があると、その後のテクニック習得もかなり楽になりますので、後でそのメリットを感じることができるようになります。
より楽しくボクシングを続けていくためにも、基礎的なトレーニングを大事にしてコツコツと力を蓄えていくようにしましょう。

 

スポンサードリンク

ボクシング初心者が優先的に覚えるべきテクニックとは記事一覧

ボクシングにおける拳の握り方

ただの殴り合いをするだけがボクシングではなく、基本的なことをしっかりと学んでおかなければ、スポーツとして成り立ちません。その基本中の基本と言えるのが、拳の握り方です。これまでに人と殴ったことがある人、または殴ったことがない人であっても、ファイティングポーズを作ることが出来るでしょう。スポンサードリン...

≫続きを読む

 

ボクシングのワンツーの練習方法と当てるコツ

ボクシングの中でも基本となるコンビネーションボクシングのパンチテクニックにはたくさんのものがあり、すべてを一つずつ覚えていく必要があります。その中でも、基本中の基本とも言うことができて、他のテクニックの基礎となるのがワンツーです。左でジャブを放ち、その左拳を引くと同時に右ストレートを出すというのがワ...

≫続きを読む

 

ボクシングテクニック|ボクシングのコンビネーションの種類は無限

ワンツーパンチのように、複数のパンチを組み合わせてボクシングの流れを作ることをコンビネーションと言います。プロのボクサーは、自分が得意としているコンビネーションをいくつか持っているものであり、相手との試合に合わせて使い分けるようにしています。そして、コンビネーションの種類は無限に存在しているのです。...

≫続きを読む

 

 
基本 トレーニング ストレートの打ち方 ジャブの打ち方 テクニック ガード