ボクシングにはリズム感が大切

スポンサードリンク

ボクシングにはリズム感が大切

ボクシングの練習をすることで得られるものは、
鋼の筋肉や軽快なフットワークだけではありません。

 

 

素人の方がジムに訪れて、練習に参加する目的は、
ダイエットや筋力アップ、日頃の運動不足などを考えての参加であることが多いです。

 

ボクシングの練習で得られるものには本当にたくさんあって、
初心者の方が気付いたら成長しているのが「リズム感」です。

 

 

ボクシングでは、リズム感が非常に重要な意味を持ちます。
自分の中にリズムがなければ、相手のリズムを崩すこともできませんし、
自分ペースの試合運びができなくなってしまいます。

 

スポンサードリンク

 

これまで自分にリズム感があるのかどうかなんて、
考えたことがない人もいますから、
ジムでの練習でリズム感を向上されていく人は、
思わぬ効果だと感じています。

 

 

特にボクシングで大切なリズム感を磨く練習が「縄跳び」です。
普通に飛ぶのではなく、前後左右にリズムを取るように飛ぶことが大切。
リズムに乗っていることを実感しながら練習します。
ウォーミングアップに取り入れらていますが、実はリズム感を向上させる練習でもあるのです。

 

 

日常生活の中にリズム感が生まれてくると、
余計な動きが減り、体の疲れもたまりにくくなります。

 

 

自分では気づかない効果がたくさんありますから、
まずは参加してみて体験してみることでしょう。

スポンサードリンク

前の記事 ノリとテンポが重要なボクシング
次の記事 攻撃だけじゃなく防御も大切なボクシング


 
基本 トレーニング ストレートの打ち方 ジャブの打ち方 テクニック ガード