ボクシング入門|ボクシングのラウンド数と時間

スポンサードリンク

ボクシング入門|ボクシングのラウンド数と時間

テレビでも放送される事が多いボクシングのタイトルマッチですが、
常に12ラウンドあると思われていませんか?

 

 

選手のライセンスによって、ラウンド数にも違いがあります。
よく目にしている世界タイトルマッチや東洋太平洋タイトルマッチは
12ラウンドになっていますが、他でもそうとは限らないのです。

 

 

まず、ラウンド数の種類は、4ラウンド、5ラウンド、6ラウンド、
8ラウンド、10ラウンド、12ラウンドの6種類があります。
全て1ラウンドは3分となってます。

 

スポンサードリンク

 

プロになりたての場合は、4ラウンドですし、
強くなればなるほどラウンド数は増えていきます。

 

 

また、アマチュアのボクシングだとまたルールは変わってきます。
18歳以上のシニアクラスだと1ラウンド4分、
高校生のジュニアクラスだと1ラウンドは2分となります。

 

 

国内では、3ラウンド制ですが、少し前まで海外では
1ラウンド2分の4ラウンド制となっていました。
今は世界で統一されて、3分ほ3ラウンド制になっています。

スポンサードリンク

 

前の記事 ボクシング入門|あまり知られていないボクシングの歴史について
次の記事 ボクシング入門|ボクシングの階級ってどんなものがあるの?


 
基本 トレーニング ストレートの打ち方 ジャブの打ち方 テクニック ガード