パンチングボールが意外と難しい|ボクシングトレーニング

スポンサードリンク

ボクシングトレーニング|パンチングボールが意外と難しい

実際にやってみると、
全然うまくできないボクシングの練習がパンチングボールです。

 

 

ボクシングの練習シーンを思い浮かべると、
どのようなものか想像できるのではないでしょうか。

 

 

上からボールみたいなものがぶらさがっていて、
それを小さく叩き続けるという練習になります。

 

 

パンチングボールには、上からぶらさがっているものと、上下に紐がついていて、
天井と床でつながっているタイプのものとがあります。

 

 

パンチングボールで練習する効果は、
リズム感をアップさせるためだけではなく、
動体視力の訓練にもなっています。

 

スポンサードリンク

 

ただ叩けば良いというものではなく、拳を軽く握り、
一定のテンポで叩き続けなければなりません。

 

 

すぐに慣れる方というのは、動体視力が元々よく、
リズム感も抜群であるということでしょう。

 

 

最初は誰でもうまくいかないものですが、
パンチングボールはうまくいかないと面白くも何ともありません。
とにかく練習あるのみ、叩いた分だけ上手くなっていきます。

 

 

ジム以外でもパンチングボールの練習をしたい場合は、自立タイプのパンチングボールがいいですね。
場所を選ばずに使うことができますし、通販でも手に入ります。

 

 

≪楽天の詳細はこちらから≫

 

ボクシングジムによって教え方も違うでしょうが、
トレーナーの方にうまくなるコツをお聞きし、
早く連続して叩けるようにしましょう。

 

スポンサードリンク

 

前の記事 ボクシングトレーニング|縄跳びでボクシングを強くする方法
次の記事 ボクシングトレーニング|一人でボクシングのパンチ練習をする


 
基本 トレーニング ストレートの打ち方 ジャブの打ち方 テクニック ガード